大阪の映像制作・制作技術会社 (株)写楽の社長 木内の気ままなブログです。                    (文章や写真を引用される場合はご連絡ください)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今宮神社 十日戎
今年も大阪今宮戎神社の十日えびすに行ってきました。
20100111-5


さて、昨年は今宮戎神社のついでに通天閣とIKEAに行きましたが(笑)、今年は今宮戎神社のついでに大阪城に行ってきました。
20100111-1

20100111-2
天守閣に登ったのは10年以上ぶり。昔より広くなりました??

20100111-3
大阪城天守閣から見た通天閣。

なんだか、十日えびすに行くついでに家族で大阪観光するのが定番化しそうです(笑)。
まあ、住んでいるとなかなか地元の観光地には行きませんから、良い機会ですね。


昨日は大阪城の後、ヨドバシ梅田に行ってマルビルで夕飯を食べてから今宮戎神社に向かいました。

20100111-4

去年より時間が少し遅めだったので、少しは人が少ないかと思いきや、露店の並ぶ通りからすごい人出でした。


こちらの映像で雰囲気をどうぞ。(HDでも見られます)



手持ち撮影(1080,29.97p)したものをPC処理でブレ補正してみました。最近は家庭用のビデオカメラでも手ブレ補正が強力な機種がありますが、PC処理ではそれを上回ってステディカムに近い感じになりました。面白いですね。


景気の先行きは見えにくい状況が続いていますが、誰にとっても良い年になりますように。
コメント
コメント
コメントありがとうございます
いちじ先輩、ご無沙汰しております。今年もよろしくお願いいたします。

今回は子どもと手をつないで歩きながら、片手でカメラを持って、プライベートのホームビデオとして撮影していました。

昨日の朝、撮影の仕事に出発する前に急いで編集(うちの家族や他の方の顔が映ったりしている部分をなるべくカット)したので内容が飛び飛びですが、写真よりも現場の雰囲気が伝わりそうなので映像をアップしてみました。

私の会社ではSteadicam(ステディカム、撮影用防震装置)は小型のものを所有しているんですが、こんなに人が多い公共の場所で使うのは不可能です。
処理で少し画質は落ちていますが、特殊機材を使わない簡単な手持ち撮影でも、PC処理(処理時間は再生時間の2倍くらい)でこんなふうに安定化できるのは面白いですね。
だいぶ以前からAfterEffects(AE)でも同様の処理は出来たんですが、設定が面倒で処理時間も長いのでほとんど使っていませんでした。


このビデオカメラのレンズは、コンバージョンレンズを付けて135換算でf=17mmほど。樽型の歪みが目立ちましたが編集で補正はしていません。
このあたり、写真でも直線性重視の超広角レンズで撮ったり、Raw現像時にしっかり補正すると、パースがきつくなりすぎてかえって不自然に見えることもあるのでなかなか難しいですね。

動画では補正されすぎていると「カメラを上下左右に動かした時」の見え方がとても不自然です。広角ではありがちですが、近くに人物がいると部分的に大小関係が狂い、人数が多いとそれぞれのサイズも変になってしまうので、ある程度樽型歪みが残っていたほうが違和感が少ない場合もあります。(この映像は歪みすぎですけど、17mmなのである程度仕方ないです)

日本の写真用レンズはとにかく直線性重視ばかりですが、名玉と言われる海外製レンズには歪みや周辺減光がずいぶん大きいものがあるのも面白いと思います。確かに、商品や建築関係の撮影では周辺減光が少なく直線性も高い単焦点やショートズームしか使いたくありませんが(笑)、適度な樽型の歪みは人物や風景などでは不思議な効果がありますね。

その他、硝材の分光透過率が平坦でなく(レンズで色が変わり)、コーティング技術が古くてコントラストが低かったりフレアが出たり、収差やフリンジ、周辺減光が尋常ではなかったりするのが、時と場合によって「好印象」に繋がるのがとても面白いです。

いわばレンズの「味」ですが、種類や撮影条件など、全てを試すことはできないので難しいところですが、特定機種の断片情報や思い込みではなく体系的に知っていきたいです。  「沼」ですね。
2010/01/12(火) 02:50:11 | URL | 管理人 #SFo5/nok [ 編集 ]
すごい映像ですね
歩きながらも手ぶれを感じさせない映像処理……すごい技術ですね。
テレビ映像だと思ってしまいました。

今年もよろしくお願いいたします。
2010/01/11(月) 11:48:29 | URL | いちじ #XTdQzQ.c [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。