大阪の映像制作・制作技術会社 (株)写楽の社長 木内の気ままなブログです。                    (文章や写真を引用される場合はご連絡ください)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初春 優雅にカルタを楽しもう!
お正月。
百人一首の季節です。

20100105-1

私は小学生の時に実家で家族と何十回もやっていて、うちの奥さんも小学生の時に何回かやったことがあるという事だったので、久々にやってみようという事で年末に見つけて買っておきました。
読み手が居なくてもできるCD付き。 ツ○デレ百人一首じゃないです(笑)。


20年以上前、私の実家にあった百人一首も、読み手不要のカセットテープ付きでしたが、カセットテープだと毎回順番が変わらないので、上の句が一文字も読まれないうちに次の札を取ってしまうというウルトラCが時々(笑)。

しかし、なんとCDではランダム再生で順番をシャッフルできるようになっていました。(ちょっと感動)

しかも、ランダム再生しても筝曲のBGMがブツ切れにならないようにCDのトラック分けのタイミングが緻密に編集されていました。

プレーヤーのピックアップの移動で微妙にタイムラグができたりはしますが、ランダム再生でもBGMのテンポが大きくは狂いません。
また、分割点ではBGMの音量が小さめになっているので違和感もそれほど感じられませんでした。 地味ではありますが、これは秀逸なアイディアと編集技術ですね。
ちなみに、イントロの筝曲+序歌+100歌では、CDの最大トラック数では入りませんが、最後の3歌だけ1トラックにまとめて収録されていました。


20100105-2
今回は札を並べていますが基本的には「散らし取り」のルールで、お手つきも不問で陣地間のやりとりもせず、最終的に取った枚数が多い人が勝ちとしました。

2人ともブランクは約20年以上。7歳のうちの子も参戦します。

CDを再生して対戦スタート!!

「あ~なんだっけ…」下の句が出てきません…。

上の句だけで「バシィッ!!」と取れた札は、私は藤原道信の「なほうらめしきあさほらけかな」と、蝉丸の「しるもしらぬもあふさかのせき」など数枚のみ。
昔は半数近くは上の句だけで分かったと思うんですが、まあ惨憺たる状態でした(笑)。

案の定、
「わがころもでは つゆにぬれつつ」と
「わがころもでに ゆきはふりつつ」などではお手つき多発。

うちの奥さんも記憶していたのは数えるほどで、3人とも下の句が読まれてから必死で探してました。

と言うわけで新春のガチの戦いは、
20100105-3
奥さんが46枚、私が40枚、百人一首に初めて参加したうちの子(7歳)が14枚という結果でした。

子どもが14枚取ったのが驚き、というより大人のほうがすっかり忘れていて、ほとんど「下の句かるた大会」でした(笑)。 


続いて、いろはかるた。
20100105-4

私と子どもで対戦したんですが、子どもが28枚、私が20枚で負けました。ありゃ~。
20100105-5



おまけ。

小学生の頃、たまたま連れて行かれた「かるた教室」に取材が来て、

20100105-6
(C)仙台放送

仙台市広報番組「さわやかレーダー仙台」
初春 優雅にカルタを楽しもう! 1987年1月放送
20100105-9


うちの母がインタビューされていました。
20100105-7

「若っ!」 23年も前ですもんね。


しかし、古いビデオテープの管理はなかなか大変ですね。以前の統一Ⅰ型のネタでも書きましたが、テープが劣化して画質が悪くなったりノイズが出たり、古い規格だと再生機器が無くなったりしてしまいます。
(統一Ⅰ型のレポートはまた続きを書きま~す)

私もお仕事で1インチやU-matic、BetamaxやHi8、ベータカムなどの旧規格をDVCAMやデジベ、D2にコピーしてきましたが、本数が多いと時間もかかりますしコスト的にも大変…。
特に古いアナログ規格からのコピーをしっかりやろうとすると、様々な状態のマスターテープを最高の状態でデジタイズすることにかなり神経を使うので、誰でも簡単に出来る作業ではなくなってしまいます。


個人的に録画した1987年のこの放送同録は、元がVHSなので質は良くないんですが、TBCで輝度やクロマレベル、HUEを調整してデジタイズ。(OAだとブランキング部分にCBが数ライン残っていて調整に使えるときもあります)
ついでにNLEで輝度信号をシフトして減算して擬似的にゴーストキャンセルして、その後にDTLを付加して音も整えてDVCAM(PDV)テープにコピーしたものです。 (テストを兼ねての個人的な保存用としての私的録画と私的複製の範囲内です)
20100105-8
年代からしてP3+V1あたりで撮ってたんでしょうかね~?

ただ、これだけやってもマスターテープはまだ捨てていません。デジタル機材の進歩で修復可能なレベルが年々上がっていくので、アップコンもしかりですがアナログ規格のデジタイズは終わりが見えないのです…。
(うちの会社、独自のアップコンは某超解像より上を行ってます)(笑)



それから、世間ではあまり疑われていない気がしますが、DVD-R(有機色素ディスク)は長期保存用としてはおすすめできないと思います。(意見には個人差があります)
DVD-Rにコピー後、マスターテープを捨てている方も多いと思いますが、本当に残したい映像のマスターテープは手元に再生装置が無くなったとしても、DVD-Rにコピーした程度では捨てないほうが良いです。


加速試験の結果ではDVD-Rはずいぶん長持ちするような結果が出ていますが、実際の環境で適切に保管していたはずの年数が経過したDVD-Rの話を色々と見聞きすると、古いテープのままのほうが(カビさえ生やさなければ)よっぽど長持ちしそうな気がします。(意見には個人差があります)

国産有名メーカーでも品質の違いや不良ロット、ディスクの剥離、色素の劣化などなど色々と経験しましたが、やはり第三者機関がメーカー名を伏せずに調査結果を発表してくれないと…。もごもご…。


DVCAMはU規格やVHS、Hi8などの旧規格の受け皿としてよく使っているんですが、業務用のデジタルビデオ規格としてはテープが安い部類のDVCAMでも、テープのコスト(≒\1,200/hour)がけっこうかさむのと、保存場所や検索性が良くないというテープならではの問題もあるので、今後はテープレスとして無機色素ディスクでのBD-R化やイントラ内用のプロキシファイル化も考えて行こうと思っています。

英BBCでは10年ほど前から、映像や音声内容のテキスト情報をイントラ内で見られる軽量なプロキシ映像とセットでライブラリー化しているそうです。最近ではXDCAM HDやXDCAM 422などメインとプロキシ映像の2系統が録画される規格がありますが、ライブラリー化でも真似してみたいですね。
また、日本語の音声認識(テキスト化)の機能が付いてるノンリニア編集ソフトもありますから、(認識性能はイマイチでしたが)そういう機能も活用してみたいです。
コメント
コメント
コメントありがとうございます。
放送局さんは大変でしょうね~。某局では報道素材だけで1日に24時間分以上たまっていくとか。
局にもよりますが、法定同録だけではなく、全波の同録(または完パケ)を永久保存しているところもありますね。

素材レベルでは消去されてしまうものが数多くありますが、処分してしまっては後から復元できませんから、残しておく事に越した事はないですね。
しかし、某局では保存用のテープを地方局の会議室なんかに山積みにしていたという話も聞いたことがあります(笑)。


私自身、スタッフとして関わった番組の同録テープなんかが会社の機材倉庫にどっさりですが、いまさら見ても、いまさら聞いても…なものも多いので、大英断を下そうかと思っています(笑)。 
複数のフォーマットで保存していて、総数はカウントした事がないんですが、恐らく1,000本には達していない…、いや…。


音楽CDのライブラリーはパソコンのHDDやポータブルプレーヤーに入れて聞いていますが、パソコンのほうではタグ付きで整理できたのが17,000曲ほど。 CDはほぼ終わりましたが、DATはまだ数百本が未整理です。(DAT WALKMANユーザーでした)
17,000曲を連続再生すると2ヶ月近くかかると表示されて笑ってしまいましたが(笑)、このくらいは音楽好きな方ならあり得る数のようです。

以前驚いたのは、戦後すぐに開局した某民放ラ・テ兼営局の音楽ライブラリーの話で、曲数ではなく収蔵件数(枚数)が20万枚以上との事。どんなレアな音源があることやら…。レンタルショップをやってほしいです。


その他、放送局に残っている番組は、見て懐かしいと思える人たちが生きているうちに、わざわざライブラリーに行ったりしなくても、オンデマンドで誰でも自宅で見られるようになってくれるとうれしいですね。
2010/01/12(火) 00:03:25 | URL | 管理人 #SFo5/nok [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
少し前に、テレビ朝日でアーカイブ推進室の仕事内容を紹介する番組をやっていましたが、素材リクエストへの対応、膨大なニュース素材の編集、映像のテキスト化、検索DB登録、持ち出し用にダビング、テレシネ(外部に依頼しているようですが)など、、テレビ局ともなるとアーカイブ管理も大変なんだな~と興味深く見ていました。

そう考えると個人のアーカイブなんて大した量じゃないんですが、何かと後回しになってしまいがちで、私の場合、テープ素材はドライケースに入れて終わりというパターンが続いています。
だいぶ前に時間をかけてアナログ/DVテープをMPEG2でデータ化した物をSambaで持ち出せるようにしてるんですが、(当時はHDD容量が少なかったので)かなりビットレートが低いので、AVCでダビングし直す予定なんですが、これも後回しになっています。。
2010/01/10(日) 11:57:13 | URL | bt6x #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。