大阪の映像制作・制作技術会社 (株)写楽の社長 木内の気ままなブログです。                    (文章や写真を引用される場合はご連絡ください)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽ライブでカメラのアラーム音…
プロンプター撮影で高知に行ってきました。

20091225-1

うちの会社ではプロンプターを自社所有しているんですが、全国的に見ても他の撮影技術会社さんではほとんど持っていらっしゃらないので、プロンプター撮影でも全国各地からご依頼をいただいています。(沖縄だけはまだないんですけどね)


今回は瀬戸大橋経由で四国入り、大阪から高知の目的地まで380kmほどでした。普段なら阪神高速の水走から高知まで、片道の高速代が1万円を軽く越えるところですが、ETC割引で行きは6,000円以下。帰りは祝日(12/23)だったので、なんと\1,480(高知~中国道池田まで)と\700(阪神高速)でした。 遠距離だとETCの祝休日割引は大きいですね。

淡路島経由で四国入りして徳島道に乗り換えたほうが距離的には少し短かったかも知れませんが、徳島道が2車線の対面通行という話を聞いていたので瀬戸大橋経由にしました。


対面通行しかないところでは仕方ありませんが、少し前に知人から教えてもらったドライブレコーダーの映像(対向車線から車が飛んできて直撃する実際の事故。事故は02分00秒あたり)をYouTube見て以来、なるべく高速の対面通行は避けたいなあ…と思うようになりました。
衝撃ですね…この映像。


撮影終了後、クライアントさんに高知の海の幸とお酒をたくさんご馳走になりました。M社長様、ご馳走様でした。


今回のお土産はこちら。
20091225-2
さぬきうどんと生そば、母恵夢の塩大福。うどんとそばはまだ食べていませんが、この塩大福はなかなかの美味でした。


高知からの帰り、いったん会社に戻ろうと思っていたんですが、他のスタッフと解散した後、機材を積んだロケ車のまま大阪市内で行なわれたライブに直行しました。お仕事ではなくて完全オフです。

個人的に、お仕事以外でライブに行くっていうのはだいぶ久しぶり。大阪~高知の往復で2日で800km近く運転していてお疲れモードではありましたが、せっかくチケットが取れていたので行ってきました。
20091225-6

かなり前から好きだったアーティストの久しぶりの大阪ライブだったんですが、LIVE RECORDING SESSIONと銘打ったライブで、(単にライブをそのまま収録するというわけではなくて)ライブの中でレコーディングをしてみようという企画。どんなふうにするんだろうと興味津々でした。

ライブはサポートのアコギのギタリストが一人、アーティスト本人は歌の他に曲によってアコギやハーモニカも弾くというアコースティックライブでした。

ライブハウスは約120名収容。お仕事ではなくプライベートで行ったので、機材は遠巻きに見える範囲で確認してきました。 一般的な機種は遠巻きに見ただけでも型番は分かりますから、ジロジロ見てきたわけではないです(笑)。
映像と音響機材の両分野が分かるっていう方はそれほど多くないかもしれませんが、私の場合は仕事柄です。


FOH卓はM7CL(モニ卓兼用)でFOHのスピーカーはd&b、マルチ録りはPTだったようです。
それと、舞台関係の効果照明のことは詳しくないんですが、最近はLEDのムービングライトもけっこう使われているんですね。

20091225-3
(M7CLの写真は別の仕事現場で撮影したものです)

私の座席は前から4列目のややカミテの位置。FOHのスピーカーから若干近かったせいか、SRのボーカルリバーブはLF成分を(HPFで)もう少し削ったほうが自然かなあ(贅沢言えばもっと良いリバーブのエフェクターを…)と少し感じつつも、全体的には聞きやすいミックスでライブを満喫してきました。

マイクはボーカルが綺麗に録れているなあと思ったらKMS104かKMS105。
(両機種はカーディオイドとスーパーカーディオイドの指向性違い。客席から見ただけでは外見が同じなので確認できませんでしたが、音を聞いている感じではけっこう狭い感じだったのでKMS105かな?)

ノイマンがKMS104や105を出す以前、個人的にはBETA57AやAT4054、4055が好きで、ライブ収録となるとボーカル用によく持っていって(ボーカルマイクに特にこだわりを持っていないアーティストさんに)提案していましたが(笑)、KMS104やKMS105は私も欲しいマイクの一つです。
多少離れてもすぐにBETA87Aのような細いハイ上がりにならず、C535EBのようなサ行の濁りも出にくい感じ。4054をDAWできっちり処理したような音がいとも簡単に出るような印象で、また感覚的にですがハンドタイプのコンデンサーの中では指向性が狭いこともあってハウリング耐性が良さそうにも感じられました。

その他、アコギはピックアップと451(おそらく現行の451B)、アンビエントには414(LEDが点灯する現行バージョン)が2本立っていました。


ライブでは「レコーディングセッション」の時間が特別に設けられ、初披露の曲も含め途中で間違えると止まったり、P(プロデューサー)判断でリテイクがあったりと、聞いている側が手に汗握ってしまう公開レコーディングでした。

個人的には「リテイクだな」と思ったテイクがP判断でOKだったり、「良かった」と感じたテイクがP判断でリテイクになったり「感覚の違いって面白いなあ」と思っていました。
私自身は完全オフで行ったわけで、OK/NGの判断はしなくてよいんですが(笑)、やっぱりレコーディングしていると言われるといつのまにか仕事モードで聞いてしまいますよね(笑)。

でも、時間が押して仕方なかったのと、アーティストの負担軽減もあったと思うんですが、とりあえずテイク1ではちょっと間違えても途中で止めずに最後まで通しで聞かせて欲しかった…。
それと、曲中はPの指示ばかり気にせず、もっとオーディエンスのほうを見て(ちょっとこざかしい言い方をすれば、オーディエンスを信じて)歌ってくれればなあ…と、ちょっとだけ思いました。(それも演出だったのかな?)


その他、曲によっては歌詞カードが配布されていて、オーディエンスも何回か練習した後に部分的に一緒に歌ったり、即席で練習してアーティストとオーディエンスがハモったり。

女性のオーディエンスが多かったので(恥ずかしさもあって)私自身はなかなか声が出せませんでしたけど、懐かしい曲が聞けて嬉しかったし、楽しかったですね。

20091227-7


しかし、個人的に不快感を感じてしまったのは(どこの誰だか知りませんが)ビデオ撮影の業者…。
ライブの本番中にカメラのプープー音(TAPE NEAR ENDまたはLOW BATTで鳴るカメラの警告音)が会場内に響き渡っていました。

音楽ライブ(しかもアコースティックライブ)の撮影でカメラのアラームボリュームを絞らずに、会場内でプープー鳴らしっぱなしっていうのはあまりにも無神経ですよね。


私も昔、同じ機種のカメラを使っていましたから、カメラ自体の問題ではなくカメラマンが警告音を絞っていないという人為的な問題だと断言しておきます。
カメラはBVW一体型でしたが、ベーカムの一体型はいまや捨て値で転がっていますから、実は不慣れな素人さんだったのかも知れません…。
20091225-4
(同型機種の写真)アラーム音量と収録音声モニター音量のツマミ

2時間30分のライブをいまさらのベーカム一体型(最長30分テープ)と固定のPDを最後列のセンターに並べて撮るという選択もイマイチですが、カメラにXLRで音声入力をしておきながらプープー音が外に出るっていうことはイヤフォン確認もしていないっていうことですね。
マルチから外部にVTRを接続していたとしたらバッテリー警告だった可能性もありますが、長時間のライブをバッテリーのみで撮影するという選択も無い話です。

何れにせよタリー(ファインダー内とバックタリー)とアラームのLEDも点滅するわけですから、無人カメラだったとしてもアラーム音を鳴るようにしておく必然性は全く無いわけです。どうしてもアラームを音で聞きたいならイヤフォンでもつないでおくべきでしょう。


前から4列目に座っていた私が会場の最後方にあるカメラのプープー音(警告音)が気になって振り返ってしまったくらいですから、アラーム音量は意識的にけっこう大きくしてあったと思います。

アンビの414は私よりずっとカメラに近い位置にありましたから、しっかり拾っているでしょうね。

うちがもし撮影で入っていたらあり得ない事です。
まったく、とんでもない業者がいるもんで…。驚きですね。


完全オフで行ったのに、プープー音のせいでちょっと冷めちゃいました。

まあ、私の場合、ソニーの放送・業務用のカメラのアラームはいつも仕事中に聞いているわけですから、思わずドキッとしたというのもあります(笑)。


しかし、全体的にはオーディエンスも一緒になってレコーディングに参加していると感じることができる今回のLIVE RECORDING SESSIONはとても面白い企画だと思いました。

一体感を感じることができるこういうライブも良いですね。また行きたいです。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。