大阪の映像制作・制作技術会社 (株)写楽の社長 木内の気ままなブログです。                    (文章や写真を引用される場合はご連絡ください)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5.1chサラウンドと2chステレオ
先日、「映像送出のお仕事」で書いた5.1chサラウンドでのDVD制作について
ご質問をいただきました。

「5.1chサラウンドと2chステレオを別々に作ってDVDに収録する」という事に
関してなんですが、「5.1chを収録しといたらプレーヤーでダウンミックスして
2chにしてくれるんだから、2chステレオは要らんのでは? DVDは容量も限
られてるんだし。映像レートに振ったほうが良いのでは?」とのご質問です。

その前に5.1chサラウンドとは?ですが、5.1chサラウンドでは従来の左右の
スピーカー(L/R)の2つの他に、その中央にセンタースピーカー(C)が1つ、
それに加えて聞く人の後ろにサラウンドの左右スピーカー(Ls/Rs)が2つ、
さらに低音だけを再生して迫力を増すウーファー(LFE)が1つの全部で6つの
スピーカーが使われます。

サラウンドスピーカー配置の例 (ITU-R BS.775-1)
5.1ch
(Yamaha Europe. All rights reserved.)

計6チャネルの音声ですが、LFEは低音だけなので0.1と表記され、5.1chの
サラウンドと呼ばれています。

このほかにも色々な種類のサラウンド規格があるんですが、一般的にサラ
ウンド音声では2chステレオと比べてとても広がりのある豊かな音で表現
する事ができます。一度体験すると映画も音楽も普通のステレオでは物足
りなくなっちゃいますよ。
映画などでは戦闘機が後ろから前へ飛んでくるような音像のギミックも良く
使われていますね。

映画DVDではレンタルも含めほとんどにサラウンド音声が収録されていて、
サラウンドに対応するアンプ(デコーダー)と5.1ch用のスピーカーがあれば
家庭でも迫力のあるサラウンド音声が楽しめるようになっています。

サラウンド技術はハリウッド映画では1950年代から導入されていて、方式
も(チャネル数が違うものなどが)色々あります。

国内のテレビ放送では1980年代から専用の機材でステレオ音声にサラ
ウンド音声を混ぜ、対応する受信機でデコードすることによって4つのスピ
ーカーを鳴らすことができる「ドルビープロロジックサラウンド」の放送が一
部で行なわれてきました。
現在ではドルビープロロジック方式と同様に2ch放送にエンコードされた
音声をデコードして5.1チャネル再生ができるSRSサークルサラウンドを利
用したサラウンド番組も放送されています。

そして現在の地上/BSデジタル放送では映画DVDと同じ5.1chディスクリ
ートサラウンドでの放送が可能になっています。
では、デジタル放送の5.1chサラウンドはどのように放送されているのでし
ょう? 10年来の知り合いでサラウンドの番組制作に情熱を燃やす某民
放局のエンジニアさんに伺ってみました。

「地上デジタル放送には第一音声と第二音声があって、規格上は第一
音声と第二音声で5.1chサラウンドと2chステレオの2つを同時に放送で
きるんだけれど、現状では第一音声がサラウンドならばほとんどの場合
は第二音声は使ってないよ(2chステレオは無し)」とのことでした。
皿うどん

では5.1chサラウンド番組を左右の2つだけのスピーカーだけで聞くと
どうなってしまうのでしょう。L/R以外の残りのサラウンドスピーカーの
音は消えてしまうのでしょうか?

そこらへんはうまいこと考えられていて、スピーカーが2つのテレビでは
C、LFE、Ls、Rsが音量が下げられてL/Rのスピーカーにうまいことミッ
クスされるようにあらかじめ規格が決まっています。

どのくらいの音量でC、LFE、Ls、RsをL/Rにミックスするかは、局によっ
ては固定値のところもあるんですが、どのくらい落として混ぜてお茶を
濁す(笑)かは、基本的に制作現場のミキサーやMAエンジニアが指定
したレベルが放送局のマスター(主調整室)で設定され、制御信号とし
て電波に乗ってきます、家庭のデジタルテレビやデジタルレコーダーは
それに従って混ぜ混ぜするんですね。

この、5.1chを2chに変換してしまう事を「ダウンミックス」と言って、サラ
ウンドの豊かな音像効果は失われるものの、5.1chの音源を2chで再生
してもL/R以外の音が消えて変にならないようになっています。


そんな便利な「ダウンミックス」機能があるのに、なぜ弊社では「DVDに
は5.1chと2chの両方を入れておくべき!」と考えているのでしょう?!

ただの自己満足じゃないかって?
いえいえ、そんなこと無いんですよこれが。

前置きが長くなりましたので続きは次回…。
コメント
コメント
うちも101です。
ご訪問ありがとうございます。
うちもテレビは101でして、外部アンプでは電源やリモコンなど操作が面倒で妻子からクレームが出ますので、テレビを分解してスピーカーケーブルをつなぎ変えています。

センターだけ確認するとはなかなか通な事を…w
最近、ごく一部の某テレビではセンターからL/Rへの漏らし(ダイバージェンス)では足らず、L/Rでの微妙にステレオなナレーション(Cの存在はほぼ無視)なんかもあるそうです。

やっぱ分離は良くなりますけどCオンリーだと引っ込む感じなんですよね。
2009/02/03(火) 03:06:34 | URL | 管理人 #Mom3fmKk [ 編集 ]
我が家のサラウンド
こんばんは、linear_pcm0153です。
おじゃまさせていただきます。

自宅では、センタースピーカのみの音声(セリフ)を聴きたくて5.1chスピーカパッチ盤を立ち上げてあります(笑)
センターのみの再生は新しい発見などあり、昔結構はまっていました。
※パッチは2chオーディオ再生時に2ch専用アンプに差し替える手間を省くためにもあります。でも101ですけどね…
2009/01/29(木) 21:27:32 | URL | linear_pcm0153 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。