大阪の映像制作・制作技術会社 (株)写楽の社長 木内の気ままなブログです。                    (文章や写真を引用される場合はご連絡ください)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お仕事風景
ここんとこ忙しくて更新停滞気味です。

大人の事情でブログではほとんどご紹介できないお仕事現場ですが、クライアントさんとお話しているうち「出演者が居なければ良いんじゃないですかね」と、とてもありがたいお言葉。神様、仏様、○井様…!

というわけで、数日前のスタジオ撮影の様子です。メモ用デジカメで撮った写真を掲載します。(スタッフも休憩中で誰も居ません)
20090426-1
クライアント用モニターは液晶(メインカメラはフルフレのフルHD、他カメラとプロンプター原稿の確認はSD4分割)ですが、メインカメラの近くにはHRの9インチCRTと波形モニターを置いています。

液晶のピクチャーモニターは軽量で便利ですが、撮影時の輝度管理やディテール確認は波形モニターやCRT(ブラウン管)モニターが無いと安心できません。

20090426-7
波形も液晶です(笑)

今回はメインカメラにHMC155、プロンプター付きです。
大きいカメラ(ショルダータイプ)が無い撮影って、最初は撮ってる気がしなくて何となく違和感を感じていましたが、最近やっと慣れてきました。
20090426-3
(通常、プロンプターを付けるとVision22やVIDEO20などのヘッドでもバランスが取れなくて大変ですが、弊社でプロンプター撮影の際に使っているヘッドは特殊なので超前重ですがカウンターバランスがとれています)

今回もミキサーはウエンツです。ワイヤレスのS/Nでだいぶスポイルされてましたけど…、ルームトーンで-55dB付近でした。スタジオが響くのでコンプではほとんど叩かずMAで綺麗に処理できるように収録しています。これって大事でしょ。
メインカメラ周辺、あとはバックアップ用の音声レコーダー(HD-P2、回しっぱ)が1台。

それからインサート用のZ5Jが2台です。
20090426-4
今回、TCはカメラ3台と音声レコーダー1台でよーいドンのフリーラン。ご存知の通り次第にずれていきますが、各カットに音声のCUE TONEを入れてあるので音声波形を見ながらNLEでシンクロさせるのは比較的容易です。ゲンロック、ワードロックはかかっていませんが、カットの尺が短く動きも少ないコメント撮りではまず問題にはなりません。

HDの3パラ撮影。本来ならCCUを繋げられるカメラで色もディテールも追い込まなくてはなりませんが、今回はHMC155とZ5Jのカラーマトリクスとガンマ、ブラックレベルとニーとディテールをカラーチャートを撮影してモニターや波形で事前に確認し、最も違和感の無い設定をチェックして現場に臨みました。

もちろん、HDCやHDWでCCUやカメラリモートなどを使って色調をし、個体差調整でカラーマトリクスを追い込み、さらにガンマエディターも使ってきっちり合わせたような精度には及びませんが、最近はハンドヘルドのカメラでも色々なカラーマトリクスやガンマ値のプリセットが入っているので、かなり近づきます。

もちろん、「全く同じ」にはなりませんが、適切に設定すれば十分混在でも使えると感じました。
20090426-2
帰って素材チェックしてみましたが、問題になるような違いは感じられませんでした。しいて言えば3台ともテレビ用として見たらクロマが高い…。でも今回はweb向けなので予め分かっての設定。
現場でも確認していた通りweb用としては無調整の素材のままでも良い輝度と色でした。
機会があればHMC155を1台とZ5Jを4台の5パラでやってみたいです(笑)。旧機種のFX1(Z1J)は合わないかなぁ…。
皆様からのお仕事のご依頼をお待ち申し上げております…。

撮影現場では記録用によく写真を撮っているんですが、基本的にブログ用ではありません(汗)
数ヶ月、半年、1年後に「続きを撮ります」とか「追加カットです」みたいなことがたまにあるので(冷汗)、スタジオ撮影でも機材や照明セッティング、立ち位置の記録は欠かせないんです。カメラ設定のメモもです。
20090426-5

今回はなかなか基本照明が決まらず、さらに立ち位置とバトン(吊り物機構)の関係で背後のライトが奥に行けなくて難儀しました…。(メモ)
20090426-6
お疲れ様でした~。

編集に追われているのでこの辺で…
編集が終わらないまま今日も他現場です。 では~。
コメント
コメント
こちらこそありがとうございます
GWは仕事が散発的に入っていて家族サービスや遠出はできませんでした。
でも普段から人込みは嫌いなので、混むと分かっている大型連休は初めからそれほどお出かけする気はありませんでした。

ちょっと日程や時間ををずらすとだいぶマシなので今年もその方向です。
2009/05/11(月) 23:25:34 | URL | 管理人 #SFo5/nok [ 編集 ]
本当にありがとうございました!!
先日はお疲れ様でした^^しかも残響測定までやっていただきまして、重ね重ねありがとうございました。非常に貴重なデータを頂けたと思っております。時間は掛かるとは思うんですが、より現実的な方針案を組み立てる事ができそうです^^

GW4日間は半趣味半仕事な感じで各所を回ってまいりました、そして昨日は伊賀方面でスチールのロケなど^^;

そういや食博今日までですね。ウチの本部長が奥様と行かれる予定だったのですが、昨日のロケに思い切りつき合わせてしまいクタクタにさせてしまったのでプチ心配です^^;
2009/05/10(日) 00:54:28 | URL | もんさん #IbEf6Jbs [ 編集 ]
もんさん様。コメントありがとうございます。
もんさん様。ありがとうございます。
撮影部にしろ照明部にしろ録音部にしろ、「出来る」技師の方とご一緒させていただけると、現場が遅滞なく速やかに進行してとても気持ちが良いものですが、もんさん様とご一緒させていただくと本当にそう思います。

ところで、こんなところで連絡するのもなんですが、先日お話していた残響測定用の機材を持っていこうと思っているんですが、現場終わりで30分~1時間ほど測定に当てるお時間てございますか? 他のスタジオもやります?

黄金週間は散発的に現場が入っていたりで、家族サービスは近場へのお出かけの予定です。
近場ですが、3日前にデパートでやってた北海道物産展に行ってみたらけっこうな出費でした…。
2009/05/04(月) 12:11:27 | URL | 管理人 #SFo5/nok [ 編集 ]
前回と同じで光量だけ変化するとかが結構大変だったり^^;
ホリのグラデはそれなりに引きがないとやたら難儀しますね^^ 例のヤツ、上空とキー回りだけ今日ざっくり前セッティングしといたんで、あとオサエの位置とか微調整関係を当日カメラすえてもらってから決める感じで、イントレ必要なら言ってくださいまし。ということで、よい黄金週間をです^-^
2009/05/02(土) 22:44:06 | URL | もんさん #PR6.u/TU [ 編集 ]
タイガー田中様。コメントありがとうございます。
>私はもうWENDT X3しか使いたくありません!

そうですか…。でも国内ではウエンツはかなり少数派ですよ…。ヤマハもタムラも良い卓多いですよ~。(笑)

私とウエンツの出会い(笑)は、今から10年ほど前、たまたま荻窪の某社(国内代理店)の近くでロケをしていた時、たまたま取り寄せしていた他社の商品が入荷したという電話をもらって、近いから直接受け取りに行こうか…。で場所を聞いて行ってみた時でした。
当時はNGS-X2という2chバージョン。その後、デモ機も借りましたがしばらく忘れていました。NGS-X3の2台購入のいきさつは別の記事を参照してくださいw


>ケアできるスタッフがいないとなればやっぱりワイヤレス

今回ワイヤレスを使ったのは、ケアできるスタッフの有無とかではなくて撮影条件ですね。

どちらかというとワイヤレスのほうがエンジニアの仕事は増えます。
ミキサーだけではなくて、出演者の声量にあわせて送信機(出演者の腰)のヘッドアンプを的確に設定しないといけませんし、電波状態なども気にしないといけませんから、有線マイクにはない手間があります。

その他ワイヤレスは混信があった場合など、F3E(FM)に対するこのノイズの乗り方は…、このノイズの発生源と対策は…など即座に判断できないと収録に支障が出ます。それにはFM変調の特性や受信機回路のしくみ、その他ノイズ源となる機器の仕様や特性などを知らなければなりませんから、けっこう知識と経験が要ります。
屋外で混信が頻発する場合など、対策や使用可否の判断も(制作面に影響が出るので)なかなか大変です。
都市部の屋外などでは運用調整されている帯域でもマイク以外のノイズ源が多いですから大変ですね。

写真でもご覧いただけるように今回はシロホリ。シロホリということはFF(人物全体)サイズやそれ以上のルーズがあるのが一般的。その場合、ワイヤレスは必須アイテムです。

後で背景を塗り足すことにして有線ピンにしたり、816で近づくのも方法ですが、シロホリにはグラデーションがありますから、編集で処理するにはそれなりに手間が掛かります。
SDでは白いケーブルを使ったり白いビニテで隠せばなんとかなったような条件でも、HDでは見えてしまいます…。

もちろん有線ピンも準備していましたが、今回の本編集とMAはクライアントさんが東京持ち帰り。現場判断としては音質の統一性や成果物に求められる品質や作業工程などを全体的に見て制作さんと相談した上で、ワイヤレスを選択しています。

映像制作は工程ごとに役割があって、作業内容もそれぞれ違いますが、後の工程に少しでも無用な手間を残さないのが収録現場の鉄則なのであります。
2009/04/30(木) 01:15:06 | URL | 管理人 #SFo5/nok [ 編集 ]
お疲れさまです
私はもうWENDT X3しか使いたくありません!
そりゃ、いろいろメーカーはあるでしょうけど、ロケでこのS/Nを得られるのでしたらもうこれしかないですね。
アンビエントのプリで使うのもまた良しですしね。
有線大好き人間からしてワイヤレスは嫌ですが、ケアできるスタッフがいないとなればやっぱりワイヤレスになってしまうものですね。
2009/04/29(水) 23:21:13 | URL | タイガー田中 #- [ 編集 ]
お疲れ様です。
今回の「大阪市内」の某スタジオ。撮影後にスタジオの方から伺ったところでは、「スチール(写真)での使用が多く、映像はあまり無い」とのお話でした。

細かい物ですが、映像照明でよく使う周辺機器がなかったりして、セッティングが昼休憩の時間に少し食い込んでしまいました。
2009/04/27(月) 14:55:24 | URL | 管理人 #SFo5/nok [ 編集 ]
おつかれさまです^^
2009/04/26(日) 09:12:45 | URL | もんさん #PR6.u/TU [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。