大阪の映像制作・制作技術会社 (株)写楽の社長 木内の気ままなブログです。                    (文章や写真を引用される場合はご連絡ください)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ移転しました。
ブログ移転しました。

新しいブログはこちらです。

写楽ブログ(アメブロ) http://ameblo.jp/sharakucorp/

移転先にも過去記事があります。

今後ともよろしくお願いしいたします。


映像制作/音響制作/制作技術
株式会社 写楽 www.sha-raku.co.jp


スポンサーサイト
皆既月食
久々の更新です。

昨日の皆既月食、大阪では曇りで欠けていく様子は見られませんでしたが、晴れてきたと聞いて急いで機材倉庫から望遠レンズなどなどを持ってきて自宅前で撮影しました。

レンズを付け替えようと、寒い倉庫から持ってきたレンズのケースを不用意に自宅の廊下で開けたら、ものの数十秒で結露して中まで曇ってしまい、フォーカスリングのゴムを外してドライヤーで温風を入れて、結露を解消するのに10分ほどかかりました(T_T)

カメラの横にモニターを置いていたら近所の方がモニターに写っている月をケータイで撮影しておられました。

うちの会社の冬ロケではカイロをレンズに貼り付けたりしてレンズを冷やさないようにしてるんですが、今回はすっかり忘れてましたw
冬の夜とか、「流星群でも撮ってみるか~」とちゃんと準備しないで出かけて屋外でレンズを結露なんかさせてしまうと、一晩パーになったりしちゃいます。


ENGカメラのフレーム蓄積モードを使ったりゲインアップして撮っています。フレーム蓄積モードでは等速再生だとカクカクになるので再生速度を早くしてあります。
映像右下のフルスクリーンボタンを押して、480pという項目を1080pに変更していただくと、1920x1080のHD映像でご覧いただけます。

皆既中からの映像です。
戻っていく様子は...寒くて退散しちゃいました。



カメラのホワイト設定は満月がほぼ真っ白に写る4500°Kに設定してあります。見た目でもこんな感じの赤銅色(しゃくどういろ)でした。
ほぼ静止画素材として撮ろうとしていたので、途中で色々設定をいじくっているのはご愛嬌ですw
BGMはYouTubeの編集機能で「月の光」に差し替えました。後からBGM設定したのでタイミングは気にしないでください。

寒い日が続きますが、みなさん風邪をひかないようご自愛ください。
私は風邪っぴきです^_^;

映像制作/音響制作/制作技術
株式会社 写楽 www.sha-raku.co.jp

プロジェクトFUKUSHIMA!
2011年8月15日。福島市の四季の里と県営あずまスタジアムで行なわれたPROJECT FUKUSHIMA 「8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!」に技術スタッフとして参加してきました。
旧知のエンジニアさんからのお誘いで、多少ですが機材協力も。

20110816-b

機材は事前に送り、私自身はスケジュールの関係で13日に秋田から車で福島入りして現地下見。
20110816-1

20110816-2


14日に設営。15日午前に調整、午後からの本番となりました。今回はフラワーステージの録音・配信ミックスを担当しました。
20110816-9

私が担当したフラワーステージの録音・配信ミックスでは手違いで他のステージに大きい卓が行ってしまい、残った小型卓をむりやりカスケードしても入力が全く足りないなど、なかなか楽しい事態もありました(笑)
20110816-8

20110816-c


全国各地から協力会社やエンジニア、スタッフが全てボランティアで集まった関係もあり、当初テクニカルの面では機材の到着や分配、設営などで多少の行き違いも見られましたが、全てのスタッフが最善を尽くし特にトラブルもなく成功したことは素晴らしいことだと思います。
20110816-3

多少綱渡りの状態もありましたが、技術スタッフは一線のプロばかりでしたので不確定な部分にも実にスピーディーに対応できていたと思います。
屋外で激しい雨が降ったにもかかわらず、回線ノイズや電源トラブルが皆無だったのもプロが集まったおかげですね。

今回、USTREAM配信はDOMMUNE FUKUSHIMAチーム。
20110816-4
(宿にてw)

私が担当したフラワーステージではオーディエンスをミックスした配信用音声を送りました。
ただクリーンな音ではなく、その場にいるような音作りをしていました。音楽の背景にセミやヒグラシの鳴き声が聞こえていましたか?
20110816-d

スタジアムでも録音班が配信用音声をDOMMUNEチームに送りました。
20110816-e

フラワーステージとスタジアムでは全chをMTRでパラ録りしつつ、同時に配信用2mixも作っていました。しっかし、フラワーステージとスタジアムの録音班のミキサーの格差には笑ってしまいますね。

スタジアムの録音班はmidas VENICE 32chと24chの2台。HAにはNEVEも。
もともとフラワーに来るはずだった32ch卓は間違ってウォーターに行ってしまっていたらしいです。


ウォーターステージの配信音声がどうなっていたか、録音に関しては担当が違うのでちょっと分かりません。忙しくて様子を見に行ったり情報交換すら出来なかった感じ。


フラワーステージのミックスブースではモバイルインターネットが圏外で配信が確認できず、ステージの映像と音声がセットチェンジの間にどこまで配信されているか確認できなかったため多少迷いがありましたが、確認をお願いしていた外部の方との電話でセットチェンジもそのまま放映されていることを聞き、興味がある方にとってはセットチェンジの回線チェックも面白いんじゃないかと(私の勝手な判断で)ミュートせず(プライバシーには配慮しつつ)お送りしていました。

その後、Twitterでフラワーステージのあるアーティストのマイクチェックの様子が印象的だったというtweetを見つけ、ニヤリ( ̄ー ̄)です。このあたり、まずOAでは出来ない面白さですね。


フラワーの録音、配信音声ミックスブースではミキサーのイン/アウト系統が全く足りず、用意していたプランが現場で全てひっくり返るという、なかなか楽しい条件でしたが、スタジアムの録音班とケーブルのやりくりをしたり、PAさんにもケーブルを貸していただいたりなど、皆さんの暖かい協力でなんとか乗り切ることが出来ました。

どんな音で配信されていたか確認できませんできたが、お楽しみいただけたでしょうか?


テクニカルの面では今後のため、色々な要改善点も見えましたが、人的な面では大友さん野田さん遠藤さん佐藤さんをはじめ実行委員の方たちが本当に精力的に動いていたのがとても印象的でした。
20110816-5

20110816-6


若いボランティアスタッフも多かったのですが、酷暑の中でも本当にテキパキ動いていました。挨拶がとてもさわやかで気持ちの良いスタッフが印象に残っています。

参加していたスタッフそれぞれの「思い」が行動に現われていたのだと思います。


打ち上げにて
20110816-a
(スタッフは100名以上でしたが、写真は終了後の打ち上げで翌朝4:00まで残ったメンバー)


また来年も福島でお会いしましょう(^_^)


映像制作/音響制作/制作技術
株式会社 写楽 www.sha-raku.co.jp



個人的にはウォーターステージで行われた木村真三先生の報告会をぜひとも拝見したいと思っていたのですが、残念ながら他の会場の担当だったので現場でもネットでも拝見できませんでした。

しかし、木村先生もスタッフと宿が同じで私たちとお部屋が近く、宿の中のお風呂の場所のお話をしたのがきっかけで、翌朝にも2人だけでいろいろなお話をうかがうことが出来ました。

福島だけではなく、これからの日本国内での対応として、食品に関して○か×という表示ではなく、具体的な数値として表示することが必要ではないかというお話や、一般の人たちも「詳しくない」「よく分からない」ままでいるのではなく、自分たちが生きる場所の環境として学び、ともに考えて行くこと(もちろん何もかも受忍するということではなく、全ての対応策について検討することだと思います)が必要だと思うという具体的なお話でした。

私も、「安心だ」「危ない」という学者の水掛け論よりも、「具体的に今どうするのがベストなのか」ということが重要だと思います。


今回、個人的にガイガーカウンター(米製Inspector+,WipeTestPlate付)を車載して秋田から宮城を通り福島に向かいました。途中の宮城県蔵王町(親戚の神社の敷地)では雨が降ると水がたまりやすい側溝の乾燥した泥の上(地上高10cm)で1.0μSv/hが出て驚いていたのですが、地面が土の場所の空間線量(地上高1m)は0.2~0.35μSv/h程度でした。地域では米などは収穫後に測定することが決まっているという話も聞きました。
(その前日の蔵王町の発表値は0.08μSv/h)

そして、白石ICから東北自動車道を南進するにしたがって徐々に上昇していきました。宮城県南部でも詳細な調査が必要と思います。

渋滞があったため東北自動車道を国見ICで降りて福島駅に向かいましたが、所々数値が上がるエリアがありました。除染も行われず、その数値も知らず、そこで小さな子供たちが何も気にせず楽しそうに遊んでいる姿を目にすると、心穏やかではいられませんでした。


8/14の深夜、福島駅から飯坂温泉に戻る時に乗ったタクシーの運転手さんのお話が強く心に残っています。
「私たち年配者はもう諦めているが、小さい子どもや若い人はそうはいかない」

現時点で解明しきれていない被害や影響に対しては、最大限の退避と防御が必要だと思います。

アルカイックスマイルのなんとかアドバイザーが「安全・安心だ」などと言っていますが、いま必要なのは可能な限り被曝線量を小さくすることで、むやみに安心感を植え付けることではないと思います。

実地調査が進んで具体的な汚染が明らかになってきた今、具体的でもっと有効な対策について知識を広めていく必要があるのではないでしょうか。

福島駅近く、線量計のアラームが止まらなくなるような場所で小さな子が楽しそうにおばあちゃんとジュースを飲んで座っている。あの光景は一生忘れられません。


福島市内でガイガーカウンターを手にしていたら、空間線量で1.1μSv/hという場所がありました。

その場所で地面に近づけてみると3.0μSv/h超。
20110816w

しかし、そこから1.5m離れた屋根付きベンチの上は0.2μSv/hを超えることはありませんでした。
20110816q

よく「○○県○○市が高い」などと言う情報を目にしますが、数十メートル単位で全く数値が変わる場合もあるので、今後もさらに細かい調査が必要だと思います。

場所によってこれほど違いがあるという状況を目の当たりにすると、バッジでは不十分で、最低でも全員がアラーム付の線量計を携帯してリアルタイムに線量を知る必要があると思いました。

私も福島市内に桃農家の親戚や友人がいますが、住宅地は高い場所と低い場所が混在していて実に難しい状況だと感じました。
しかし、ちょっとした気遣いで避けることも出来るのだという事も分かりました。

子どもはいくら言っても目に見えないものや臭いを感じられないものに対して厳格に注意を続けるということは不可能です。行政の対応が現状のような状況である以上、子どもは親が守るしかないと思います。

今後、どういった対応や対策をとっていけばよいのか、もっと詳しく知りたい、考えたいと思いました。

2011/8/18 (8/23加筆) 文責:木内 光
とりあえず、大阪に戻りました。
昨夜、仙台から大阪に戻りました。

仙台市内は震度のわりにあまり以前と変わらない風景でしたが、津波被害のあった地域は想像を絶する状況でした。


連絡が取れなかった仙台の両親は無事でした。しかし、数年前に作られた仙台東部道路が堤防になっていなければ、母の職場(小学校)は津波が到達していたと思います。実家は庭の灯篭が倒れ、皿が数枚割れただけでした。


大阪から食料や水、お菓子、栄養ドリンク、携帯充電器(電池式)、ガスコンロ、ボンベ、社内ストックのアルカリ電池200本程度を車に満載して行き、山形・秋田で補給したストーマ用具、うがい薬(5リットル)、ゴム手袋(箱)、不織布マスク(箱)、消毒用エタノール、手指消毒液、老人用オムツ、介護用大判ウェットタオル、介護用シートなどなど、また東京のTwitterのフォロワーさんから託されたアルカリ電池、仙台市内在住の友人から託された食料などを宮城県内の津波被害の大きかった地域の避難所と老人ホームなどに提供してきました。

公共の支援物資が届いたとしても不足するであろう物品を予測して準備した事、不足状態を確認して追加補給を行なったことで効率が良かったと思います。

Twitterを通じて情報支援いただいた皆様、支援物資のご協力をいただいた皆様、この場を借りて御礼申し上げます。
皆様から随時教えていただいた情報により、無駄のない行動が出来ました。


昔から懇意にさせていただいている方、今回初めてお会いした方、Twitterで相互フォローさせていただいている方、誰一人・情報一つとして欠けても同じ動きは出来ませんでした。本当にありがとうございました。


被災地は10日経って電気の復旧が進み、食べ物に関してもやっと供給が再開してきましたが、3/22現在、ガソリン不足はかなり深刻です。

津波被害のあった地域は家を失った方も膨大な数で多くの点でまだまだ厳しい状況です。


原発もまだ安心できる状況ではありません。
これから、被災地は長い戦いになります。


被災地とは離れた場所に住んでいても、何かしら協力できる事はあります。コンビニのレジ横にも義援金の募金箱があります。
個々が何が出来るかを考え、ほんの小さな事でも実際に行動する事が、大きな力になると思います。

人の命が懸かっている事態では躊躇は命取りです。
どんな小さなことでも、できるかできないかではなく、やるかやらないかだと思っています。



本業の仕事の面では、各方面の皆様にご迷惑とご心配をおかけいたしまして、まことに申し訳ございませんでした。3/23から通常通り営業を再開いたします。

以上、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 写楽
代表取締役 木内 光



3/24追記
現地の映像について質問を受けましたが、そんなことやってる暇はなかったので、素材になるような映像は1秒も撮ってきていません。
まあ、そんな映像制作会社があっても良いんじゃないですかね。

断わりも無しに被災者を撮影している報道映像や写真は不快ですね。週刊誌に掲載されていた津波で亡くなった方のご遺体の写真や、海外で配信されている遺体や泥にまみれた家族写真など、どんな必要性があるのか疑問です。

さすがにローカルのテレビ放送は通常編成を全て飛ばして地元向けの生活情報をやっているかと思ったら、全然でした。

阪神の時、報道ヘリの音で生き埋めになった人の声が聞こえなくなったという教訓が全く生かされておらず、今回も地震後すぐにヘリが飛んでいる。
(今回は揺れによる家屋倒壊がとても少ないので結果論としては問題なかったのかもしれませんが、何を考えているんでしょうね)

阪神後、テレビ各局が担当エリアを区分して生活情報を流してはどうかという話を聞いたおぼえがありましたが、これだけの大災害でもいつも通り中央主導の被災者のためではない放送。
県域ラジオについても個人の安否情報や記者が昨日取材した場所の話を延々としていては、給水所の時間や病院など大多数の人が必要とする情報が分かりにくい。

テレビでは東北の独自番組として「東北一括り」の給水所情報...
いつ必要な情報が流れるか分からないL字のテロップ放送も給水所やスーパーに並ぶのに忙しい被災者は見ていられないので、ほとんど役に立っていませんでした。
宮城県沖地震を警戒して準備をしていた県の放送局がこれかと、現場に入っている局の知人も地元の知人もガッカリしていました。


今後、検証されていくと思いますが、津波到達前の総合テレビの同録を確認したところ「発生時映像」「警視庁中継」「現地局から」で78秒、72秒、70秒間、「津波」という言葉が出てこない時間があります。
車に乗ったり、停電でラジオを探してつけた瞬間にサイマル(TV、ラジオ同時)でこれでは避難が遅れる可能性がありますね。PIPで表示されていた津波の到達時刻の文字はワンセグでは読めないサイズ。
到達後も映像で明らかに数十台の車が流されているのに「数台」とか言っている。ラジオで聞いている方に正確な状況が伝わりませんね。

見ていて感じたのは、どうも「津波警報」と「大津波警報」で構成が変わらないという点。原稿のローテーション順や繰り返す頻度とか、状況によって変えるべきだろうと思います。

ラジオは津波限定で緊急地震速報や英語版の警告みたいに事前録音を組み合わせたほうがまだマシかも。


それと、現地のガソリン不足は深刻でした。従兄弟は震災後1週間経ってもガソリンが無くて移動できず、家族の安否が分かりませんでした。(その後無事を確認)
仙台在住で震災の時に関東に出張していた人の中には、1週間経っても仙台に戻れていない人もいました。

災害時の特定機関になっていて緊急車両として動けるSNG車を全国から10台以上集めている報道各社は、素材集めの取材ではなく、被災者のための放送を「全力で」やるべきだと思います。
被災された方もかなり不満に感じていらっしゃいました。


東日本大震災
13日に大阪から車で出発し東京から国道4号線を北上して14日夕に仙台に入りました。

停電のない地域を深夜に抜け、停電が予想される地域を明るい時間に通過しました。

半日前に東京から仙台入りした知人とTwitterで連絡を取りながら常に情報を得たほか、通行止めという情報があった場所も、高校の先輩や後輩にう回路を調べていただきTwitterでリアルタイムに支援していただきました。

車のナビを見ながら助手席の後輩がdocomoのポケットWi-Fiに接続したiPadで確認、福島で勤務経験のある同乗者が道路地図を見ながら向かいました。

通行止め区間より早めにう回路に入りましたが、信号待ちや片側交互通行による交通整理で止まる以外、渋滞は全く発生しておらず、全行程にわたり交通量は多くない状況でした。

途中、緊急車両専用になっている東北自動車道が見える場所が何度かありましたが、深夜は1分間に数台程度でガラガラの状況でした。

現地のガソリン事情が良くないとの情報があったため、燃費を最大限に配慮したエコドライブで向かいました。

仙台の実家の両親とは13日深夜まで連絡が取れませんでしたが、両親とも無事でした。

今回は取材の仕事などではなく、同郷の後輩と大阪から、東京で仙台に帰る方を乗せ、支援物資を積んで現地入りしました。

仙台市など都市部の揺れによる被害は少ない印象ですが、ガソリンがなく、停電箇所が多く、宮城県内はコンビニがすべて閉店していました。

公共の支援物資も岩沼より南の地域には届きにくいようです。

無給油のまま仙台を出て、いったん秋田の親戚宅にいます。

ある程度大きい町では救援物資が行き届いてきたようですが、使用者の少ない医療器具や医療消耗品など、厳しいのはこれからです。

物資を補充して、明日、仙台に向かいます。


想像を超える大規模災害です。まだ連絡が取れない人もいます。



物資不足の状況など、公共機関や自治体の情報収集よりtwitter経由のほうが早い場合もありますが、同じ情報が何度もRTされ数日間出回っているものがあります。
twitterで物資を求めたり、情報を発信する際は、日時や場所などを明記し、未確認情報のRTには十分注意してください。


がんばろう東北。がんばろう日本。



取引先の皆様、ご無理をお願いし、多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申しあげます。

株式会社 写楽
代表取締役 木内 光

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。